香りをまとって深く眠る

忙しく働いた日の夜は、就寝前に疲れや体にこわばりを感じることがあります。
特に寒い冬は体が縮まることが多いせいか、肩から背骨にかけて嫌な凝りもみられ、
直接動かすことのない頭皮もなぜか固くなっています。

そんな日は、電動のマッサージ器や各種器具を使って体や頭をほぐします。

凝っている箇所を重点的にほぐすのですが、
特に頭皮が少し動くようになるまで優しいタッチのマッサージを続けると、
体全体がほぐれたように感じられとてもすっきりします。
頭皮マッサージの効果は想像以上なのでぜひお試しください。

器具を使って体をほぐした後は、仕上げにお気に入りの香りをまといます。
好きな香りのスプレーを寝具周りや、上半身に肌につかないように吹きかけます。

鼻孔から入ってくる好ましい香りが、しっかりと心も体もゆるめてくれ,
翌朝はぐっすり寝た感があり爽やかに朝を迎えられます。

香りで深い眠りを得るには、自分の好きな香りを使うことがポイント。
さらには自作のオリジナルブレンドであればなお良いでしょう。

初心者やどんなオイルを使えばよいか分からない場合は、
ラベンダー精油やナチュールサンアロームのピースフルマインドがオススメです。

オーガニックラベンダー精油
http://shop.nature-v.com/shopdetail/000000000692/ct137/page1/brandname/

ピースフルマインド
http://shop.nature-v.com/shopdetail/000000000678/spray/page1/recommend/

特に疲労感が強い時は、ナチュールサンアロームのヘッドスパ専用オイル 「スカルプケア」が、
期待以上の結果をもたらしてくれるでしょう。
効果抜群の頭皮マッサージと「スカルプケア」の相乗効果で、
程よいアロマの刺激と清涼感があまりに快適で日課にしたくなるはずです。

ヘッドスパオイル スカルプケア
http://shop.nature-v.com/shopdetail/000000000763/hair-care/page1/recommend/

使い始めの頃は連日使用も良いですが、頭皮の状態が整ってきたら週に2〜3回の頻度で行います。
肌の弱い方は、ホホバオイルで希釈してお使いください。

イライラや鬱っぽいなどの気分も香りで変えることができますから、
自分にピッタリの好きな香りを見つけてフル活用し、毎日を健康に過ごしたいものです。

関連記事

  1. 病院、クリニックでの導入のお問い合わせにつきまして

  2. 猛暑の夏にラベンダー湯がいい理由

  3. 気分の落ち込みをカバーする香り

  4. ローズマリーの生命力

  5. 高島屋にてワークショップ開催!  〜オーガニック精油で“リー…

  6. ATAMIせかいえでナチュールサンアロームのお取り扱いがはじ…