花粉の季節に使うアロマ

また花粉の季節がやってきました。
日本気象協会の春の花粉飛散予測(第3報)によれば、
スギ花粉の飛散開始は、九州から東北にかけては例年並で、
2月上旬から九州や四国、中国、関東の一部で花粉シーズンがスタートする見込みだそうです。
花粉の飛散する量は北海道と九州の一部を除き多くなるとのこと。

ご存知の通り、花粉症の70%はスギ花粉症と言われ、
主にくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、充血などが生じます。
ほかにもヒノキ、シラカンバ、イネ科やキク科の植物が原因になることもあり、
地域や季節によって飛散時期が異なります。

この時期やっかいなのは、風邪の流行と重なること。
風邪か花粉症かの見極めが必要なのです。

花粉症は症状が起こりはじめたごく初期では、
鼻粘膜にまだ炎症が進んでおらず、
この時に治療を開始すると粘膜の炎症の進行を止め、
重症化を防ぐことができます。

したがって早めのケアが肝心となります。
どんなことにも言えますが、
常に自分の体調と向き合いながら生活を整え、
最適なケアを心がけたいものです。

ムズムズ、モヤモヤして鬱陶しいときには、
爽やかなアロマがおすすめです。

花粉の季節のアロマ製品はコンフォールナザルスプレー」が定番。
ユーカリラジアタやティートリー、ペパーミントが含まれており、
アロウェルよりマイルドなスッとした香りで、アロウェルに次ぐ人気商品です。

マスクにシュッと一吹き。お出かけの際にぜひお試しください。

▼コンフォールナザル
http://shop.nature-v.com/shopdetail/005004000001/

関連記事

  1. オンラインショップの障害につきまして

  2. 認知症を予防する嗅覚の鍛え方

  3. みかんのカビ防止にキッチンミント

  4. 【会期延長】新宿高島屋にてPOP UP SHOPとワークショ…

  5. ほっこり温かいアロマバス

  6. 猛暑の夏にラベンダー湯がいい理由