住まいのガードマン、ジェル芳香剤

シューズクローゼットや階段下のミニ納戸などに、気がつけばカビ。
ほんの僅かでもカビを発見すると、嫌な気持ちになります。

カビの掃除はカビを拭き取った後にアルコールで除菌が一般的ですが、
正直言ってこれで安心はできません。

なにしろ空気1㎥中には、数個から数千個の胞子が浮遊しているというのですから、
再びカビが発生しない保証はありません。

カビ防止には多少効力が緩やかでも、健康を害しないものを選びたいですね。

精油の中には細菌や真菌(カビ)に対する抗菌作用があるものがいくつもあります。

精油を利用するメリットは、
蒸散するように設置すると有効成分を常に拡散できる
植物から抽出した天然100%で環境にも体にもやさしい

利用できる精油は、
ユーカリシトリオドラ、レモングラス、パルマローザ、ペパーミント、クローブなど。

我が家では、カビが心配なトイレや洗面所、浴室などに、
お手製のミニリードスティックディフューザーを置いています。

そして、精油が適度に蒸散するように、
3日おきくらいにスティックを逆さまに差し替えます。
ただ、倒れる心配がある閉め切った空間、シューズクローゼットなどには置けません。

その点、この度発売されたジェル芳香剤は手間いらずで、
置く場所を選ばないところがいい。

▼ナチュラルジェルフレッシャー
http://shop.nature-v.com/shopbrand/007/002/X/

洗濯機の中に置いているスタッフもいます。

見張るわけにもいかないカビを防いでくれるアロマガードマン、
利用しない手はありません。

関連記事

  1. コーヒーも精油も香りの有効活用には「好き」を最優先に

  2. 食事、運動、睡眠が大事って言われるけど一番に優先すべきは・・…

  3. ナチュールサンアロームの高島屋でのお取り扱い状況について

  4. 治らない咳や微熱は加湿器のせい?

  5. 外出先でも安心!! アロマエチケット(スプレー)販売開始

  6. 猛暑の夏にラベンダー湯がいい理由